国保は自営業や退職者に適応される健康保険であり、国民皆保険の原点と言ってよく、この制度は海外にも誇れます。

健康でいるために必要な保険について

サイト内検索(by Google)
健康でいるために必要な保険について

国保は健康生活を守ります

私達は誰もが何かの職業を持っていると思います。
それによって加入している健康保険は違うことになります。
自分で農業をやっている人や、店舗で物を売っている人などいわゆる自営業の人は国民健康保険、いわゆる国保に加入することになります。
これはいわゆるサラリーマンが加入する健康組合保険とは制度が異なり、管轄も違うことになります。
国保の場合には市区町村が管轄と言うことになります。
また会社を退職した人達もこの保険に加入することになります。
我が国ではこの国保があるおかげで、国民の誰もが、平等に医療を受けられる国民皆保険がなされています。
それは国民の健康生活を守ると言う意味でもすばらしい制度だと思います。

なぜなら、国によっては健康保険自体がない国があったり、健康保険があっても加入できない人が多くいる国もあるからです。

また健康保険の種類によって、病院が決まっているところもあります。
すなわちAと言う病院で診察してもらいたいのに、受診してもらえないと言うこともあるのです。

その点、わが国の病院では健康保険の種類で患者を受け入れないと言うことはありません。国民のすべてが、どの病院やクリニックでも診察を受ける権利があるのです。

それは日本が海外に誇れる制度だと思います。
ですがこの素晴らしい国保の制度も財政難で大変な状態と聞きます。
その原因の一つは保険料の滞納が挙げられています。
生活が困窮している人はしかたがないにしても、少しでも余裕のある人は、払い込みをしてもらうのがベストだと考えます。

PR情報