大切な国保という制度で健康を管理していくための将来の国と国民のいろいろな準備の必要性を書きました。

健康でいるために必要な保険について

サイト内検索(by Google)
健康でいるために必要な保険について

国保での健康の管理と負担

国保で健康を管理するというのは、本来とても重要なことだろうと思います。
社会保険も含めて国民全体が何らかの保険に入らなければいけないという制度は、一億人以上いる国家ということを考えると大変なことだと思います。
医療費の多くの部分を国が負担してくれ、何割かの負担で医療を受けられるという事は画期的なことですが、その分毎月保険料を支払わなければいけないということになり、何十年病気にかからなくてもその間、毎月保険料を支払うということになります。
それも収入により負担額が変わってくるのですが、収入が少ない家庭や個人であればあるほど、健康保険料は負担になっていることも事実です。

また保険料の滞納も問題になっていてその支払のトラブルも結構あるようです。

しかし、国保のお陰で助かっている人もおびただしくいますし、病気をしても安心して医療を受けられるということを思えば、世界に対しても誇れる制度だと思っています。
問題はこれからの財政のことで、国の財政が苦しくなれば、負担額も上がっていくでしょうし、滞納も増えていくのは誰でも予想がつきます。
この優れた制度を維持するためにも、大胆な改革が必要で、維持できる状態を続けていける政策は不可欠なのだとも思います。
今もう一本の柱の年金制度がだいぶ揺らいでいますが、それが国保などの保険の制度に波及しないように政府も国民も対応していかねばならないと思います。
いずれ来る改革にも準備が必要ではないかとも思います。

PR情報