健康維持のため国保は加入しておいた方が良い保険です。健康保険未加入者は、全て国保への加入義務があります。

健康でいるために必要な保険について

サイト内検索(by Google)
健康でいるために必要な保険について

健康維持のための国保加入

国保は、国民健康保険の事で、職場に勤めていて職場に社会保険の被用者保険に加入していない人が住民登録をしている市町村で加入しなければならない健康保険です。

加入は義務化されています。
会社を退職して無職になった人や、被用者保険に加入していない企業に勤めているケースが挙げられます。
よって、日本国民の義務なので、全国民が基本的には加入している保険となります。
医療機関でも窓口の負担割合は3割になっています。
健康維持や、病気怪我の治療のために頻繁に通院する方には有り難い制度です。

事実、特に法的な罰則がないので、全ての健康保険に未加入の人がいることもあり、そういった未加入の方が医療費を払うととんでもない高額を支払わなければならなくなります。
その意味でも、市町村の義務ですし、加入しておきたいものですね。

保険料は、前年度の所得に対して計算されるので、会社を退職してから早目に再就職をしないと、1年間は高額な国保の保険料を払わなければならなくなります。
また、保険料は実は市町村によって定められているので、土地によって保険料率が異なる事があります。
そして女性が寿退社をする場合ですが、退職前に入籍を入れていれば、良いのですが、寿退社の2ヶ月後に入籍を行って扶養に入る場合は、その分国保に速やかに加入し支払わなければなりません。ややこしいですが、この時代ですからいつ災害が起きたり、病気になって、病院にかからなければならなくなる事があるかもしれません。未加入者は速やかに加入をして、自分の身を守るべきではないでしょうか。

PR情報